チェ・ゲバラ伝/三好徹

世界でもっともかっこいい男と言われるチェ・ゲバラ。
南米アルゼンチンの裕福な家に生まれ、医師になるも、貧困と圧政と腐敗の覆う現実を憂い、キューバ革命へと身を投じたチェ・ゲバラ。彼はどのように生き、どのように死んだのか。いまなお全世界で語られる伝説の男、ゲバラを描いた不朽の傑作評伝に、さらに判明した事がらを書き加えた増補最新版。
私が読んだのは、増補版でないほうですが、ゲバラを知るには十分な内容でした。
この本でチェ・ゲバラに興味を持った人は、「モーターサイクルダイヤリーズ」という本もオススメです。ゲバラが革命に参加する前の青臭い青年だった頃が描かれています。

Follow me!