中国の電子書籍販売規制

昨日のセミナーでもご質問があった件について、少し詳しくご説明いたします。
(事前に調べていたことだったので、なんとか回答できました。よかった)

中国が電子書籍販売から外資を規制するそうです。
この記事に詳しく書かれています。
禁止の対象は、動画、音声、ゲームその他のコンテンツで、インターネットを通じた情報普及に携わる中国企業にも制限が及び、全ての中国企業がオンラインコンテンツの作成にはライセンスが必要になるとのこと。

外資メディアだけでなく、中国版ツイッターであるウェイボーの検閲や言論統制が始まっているようです。
この記事に詳しく書かれています。

中国は電子書籍大国ですが、海賊版の電子書籍が大半だそうで、日本に住む中国人の方々に質問すると「電子書籍読んでるよ、でもアマゾンからは買っていない」と言われることが多いです。
また、日本で電子書籍を作って日本から世界配信する場合、配信予定リストの中に中国は含まれていません。
中国にもアマゾンキンドルストアはあるのですが、中国に住所がある人しか登録はできないようですね。
中国のアマゾンキンドルストアは撤退するのではないかと思います。


【電子出版社ハッカドロップス サービス一覧】

小説、エッセイ、ビジネス本など文章を中心とした電子書籍の作り方を学べる通信教材

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

写真集、イラスト集など画像を中心とした電子書籍の作り方を学べる通信教材

・電子書籍出版講座 Amazon版 画像本編

文章本と画像本一緒に学べてオトクな通信教材

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

愛知県名古屋市会場限定ですが、通信教材を元に、講師による直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行まで

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版

お気軽にメールでお問合せください。基本24時間以内にご回答いたしますが、内容によってはご回答できない場合もございます。ご了承ください。

mail

Follow me!