プレスリリースで新聞掲載はじめの一歩!提出編

shinbun

電子出版社ハッカドロップス 代表の中根初代です。
今回は、私がプレスリリース(ニュースリリース)に挑戦して掲載されたノウハウについて、皆さまに提供していきたいと思います。
プレスリリース(ニュースリリース)とは何か、というと、自社の案内を文章にして、新聞やTVなどに送ることです。
起業したばかりのころは無名なのが当たり前で、広告に使える予算も少ないので、無料でできる広告宣伝はどんどんやりましょう。
このリリースにより、「中部経済新聞」と、東海三県では95%以上の購読率の「中日新聞」に掲載されました。
会社の業種によって文章は違ってくると思いますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

前の記事
プレスリリースで新聞掲載はじめの一歩!原稿作成編
では、プレスリリース(ニュースリリース)の原稿の書き方についてご説明しました。
さて、今回は、書いた原稿をどうやって記者さんに届けるか、についてご説明いたします。

次の記事は
プレスリリースで新聞掲載はじめの一歩!プレスリリース提出の前と後にやること

です。

プレスリリースを記者さんに届ける為の4つの方法!

その1:記者クラブにプレスリリースを持ち込む

いわゆる「投げ込み」と言われる方法です。
インターネットで、あなたがいる「県名+記者クラブ」(例 愛知県+記者クラブ)で検索するか、「市名+記者クラブ」などで検索します。ヒットしないばあいは、市役所の広報広聴課などに電話をして『記者クラブのようなものはありますか?』と聞いてみましょう。

投げ込みの方法はそれぞれ違うので、必ず電話で確認しましょう。ちなみに名古屋市の場合、こんな案内がダウンロードできるようになっています。

www.nagoya-cci.or.jp/pr/press-annai.pdf

流れとしては、
1)申込書をFAX(配布希望日時の48時間前まで:土日祝除く)
2)受付連絡がくる
3)指定された日時にプレスリリースを指定部数持ち込む

という流れです。

投げ込みの方法には「レクチャーあり」と「レクチャーなし」の2種類の方法があります。名古屋商工会議所を例にご説明いたします。

<記者クラブへの投げ込みの仕方1・・・資料配付レクチャー無>

記者クラブに加盟新聞社のボックスがありますので、指定された部数(名古屋市の場合20部)のプレスリリースを用意し、それぞれのボックスに投げ込むか、受付嬢にまとめて渡すと配ってくれるそうです。
この場合はプレスリリースの宛先は「報道関係各位」でもいいでしょう。

<記者クラブへの投げ込みの仕方2・・資料配付レクチャー有>

1)プレスリリースと、チラシなど参考資料を20部用意する
2)別添の「名古屋経済記者クラブ プレスリリースについて」をFAX。この際に「資料配付レクチャー有り」にチェックを入れる事
3)記者クラブから連絡があり、持ち込む日にちを指定される。
4)指定日当日、指定時間になったら「時間になりましたので、今からレクチャーを始めさせていただきます!」と一声かけてから説明を始めます。大変勇気がいります。記者さんは常にいる訳ではないし、忙しいので、説明してもこっちに向いて貰えない場合もある。それは覚悟すること。
5)レクチャーが終わったら記者さんに声をかけて、名刺交換だけでもしてくること。

名刺交換してくれば、今回プレスリリースを取り上げて貰えなかったとしても、次回その記者さん宛てにプレスリリースを送ることができます。社名宛で送るのと個人宛で送るのは大きな違いになります。

その2:新聞社の支局にプレスリリースを持ち込む

記者クラブの利点は、一度に多くのメディアにプレスリリースを渡せることです。しかし、それぞれの誌面に大きく取り上げられることはないようです。
名古屋など県庁所在地の場合は記者クラブに持ち込む方法が良いのですが、もしあなたが県庁所在地以外の市町村に住んでいる場合は、各メディアの支局にプレスリリースを持ち込んだほうが掲載確率はあがります。私が実際にやった方法は、持ち込みでした。それについて説明します。

<新聞社への直接持ち込みの仕方>

1.掲載して欲しい新聞を決める。ビジネスなら中部経済新聞、公共性が高ければ中日新聞とか。

2.支局の住所を調べる

3.プレスリリース(ニュースリリース)と資料を持ち込み先分だけ用意する。この時にリリースの宛先は「報道関係各位」ではなく、各新聞社の名前にすること。

4.新聞社の支局に持ち込む。担当記者が不在の場合は、担当者の名前だけは聞いてくること。(次回よりその担当者めがけて持ち込みができる為)

5.新聞社持ち込みは、1日で全部回ること。持ち込みの際に、他社も回っていることを伝えること。(2日間に分けると、自分の社が後回しにされたと思われる事があるらしい)

6.記者さんがいても話も聞いてくれない場合もあるが、「また来ます」と明るく言って帰る。名刺交換だけはしてくること。

7.持ち込み頻度は月1回が望ましい。
※私が持ち込んだ時は、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の支局は不在でした。

先ほどの「レクチャーあり」より、「持ち込み」のほうがさらにさらに勇気が必要です。大抵びっくりした顔をされます。何しに来たの?という顔もされます。
しかし掲載確率はあがりますし、記者さんや支社の方に少なからず顔を覚えて貰えます。
無料で掲載してもらうのだから、恥ぐらいはいくらでもかきましょう。1回やれば慣れます。

その3.FAXか郵送でプレスリリース送る

近隣に支社がない新聞社、雑誌社、テレビ局など、持ち込み不可能なところへのリリースはFAXか郵送で送ります。

1.載せて欲しい媒体を探す

2.雑誌や新聞なら1部購入して、住所や担当者名を探してそこに送る。

3.新聞社、雑誌社の公式ホームページを探して、そこの住所に送る。
※「社名 リリース」「社名 プレスリリース」「社名 ニュースリリース」で検索するとヒットする場合もあり。

4.ファッション誌など1つのジャンルの複数の本や媒体に片っ端からおくりたい場合は、「マスコミ電話帳」などを買ってきて、掲載されている電話番号に電話して、リリースのFAXの送り先を聞く。

その4.ネットのプレスリリースサービスを活用する

インターネット経由で記者さんのメールアドレスに直接リリースを送ってくれるサービスがあります。数社なら無料というものもあります。
専用のフォーマットに必要事項を記載して送るので、添付画像などは送れません。あくまでサブとして考えてください。有料プランを使えば、効果もあるのではないかと思います。

バリュープレス

https://www.value-press.com/

これが実際に掲載された記事だ!

中部経済新聞・中日新聞

 

20141212 2015.3.9

 

※新聞記事は、諸事情により小さ目にしてあります。
中日新聞はプレスリリースを持ち込んでから2か月後にお電話があって取材を受け、掲載となりました。

最後に

次の記事は、プレスリリース(ニュースリリース)を持ち込む前と新聞に掲載された後の心得についてご説明いたします。

プレスリリースは、メディアに提出したら必ず掲載されるものではありません。
内容にもよりますし、弊社が掲載していただけたのは、田舎だから載り易かったというのもあると思います。
1回提出して断られても、毎月ネタを変えて持ち込むぐらいの気概がないと厳しいと思います。持ち込みには勇気がいります。

また、新聞は1日限りのメディアです。翌日になれば新しい新聞が届き、昨日の新聞は折り畳まれて捨てられます。
配布エリアも限られます。
半永久的に、世界中に、あなたのことやあなたの事業を無料で宣伝してくれるメディアが、電子書籍出版(kindle出版)です。
売ってくれるのは、世界中の人が殺到しているAmazon(アマゾン)です。
そんな電子書籍がカンタンに作れちゃう通信教材「電子書籍出版講座Amazon版文章本編・画像本編」で、あなたの本を電子書籍出版(kindle出版)しませんか?
弊社は精一杯サポートいたします。

電子書籍、教材、弊社の事業に関するご質問はお電話、メールなどでお気軽にどうぞ。「こんな本つくりたいけど、どっちの教材がいい?」などのご相談もお待ちしております

denwa

mail

 

Follow me!

プレスリリースで新聞掲載はじめの一歩!提出編” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。