成績は、子供の「やる気」次第。

senseiarigatoubana

このお話は、電子出版社ハッカドロップス発行の電子書籍
「せんせいありがとう あの日の思いとどけたい -生徒から先生へ-」に掲載されたもののうちの1編です。
この本は「先生」に対する感謝の気持ちを込めた体験談を募集します・・・というテーマで募集した手記50編が掲載されています。
先生と生徒というのは、ある一定期間毎日会って同じ時間を共有しますが、担任が替わったり卒業、転校などでいきなり会えなくなってしまう関係です。
感謝の気持ちを伝えられないままに別れることになってしまい、連絡先も分からずに縁が切れる事も多いと思います。そんな「恩師」に対する伝えたかったけれど伝えられなかった感謝の気持ちが綴られています。
この本にある「先生」は手記を書いた方が子どもの頃に通った幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学、専門学校、病院内学級の指導員、部活動の顧問、スポーツ指導員、塾講師、習い事の先生、特別支援学級の先生、医者、少年院など児童矯正施設の指導員の事を示します。子どもの頃とは、一般的に大学卒業に相当する年齢ぐらいまでの事を示します。
さまざまな想いをぜひご堪能ください。

成績は、子供の「やる気」次第。

PN:ふじ 男性 三十代 東京都

父親からの期待が高かったのか、私は中学に入ると同時に進学塾に通わされました。
小学校時代の成績は、そこそこ良かったです。
なので、父親も期待を込めて私を塾に送ったのでしょう。
進学塾なので、学校の授業より先の事を塾で学びます。
塾で学んで、学校で復習して・・・。の繰り返しで、学校の授業が稚拙に思えるほど進学塾は効果がありました。
中学一年の一学期が終わり、通知表を父親に持っていきました。
通知表は、五段階評価で、「5」はありませんでしたが、『ほぼオール「4」に近いもの』でした。
父親は私の通知表を見るなり激怒し「バカヤロウ! こんな成績で高校行けると思ってるのかよ! 」と、何度も何度も私を殴りました。
夏休みに入ってからも、真夜中に父が帰ってきて、無理矢理私を起こし、「進学校に行く奴は、みんなハチマキ締めて、夜中でも勉強しているんだよ! サボッてんじゃねぇ! 」等と罵られ酒が入っているので、さらにタチが悪く、右目がぷっくりと膨れあがるほど殴られました。
そんな事が半年ほど続き、私はいい加減、勉強するのが嫌になりました。「中学卒業したら、就職しよう」と、本気で思い始めました。
近所の商店街に「花屋のスタッフ募集」のポスターが貼られていたので、こういう所で働こう。と決めました。
もう、私は勉強する事を辞めました。
父はそれを見て激怒しましたが「高校には行かない! 」と言い三者面談でもその事を伝え、先生に就職先の相談をもちかけるほど、勉強というものから「逃げたかった」です。
自宅では帰宅したら、寝っ転がってファミコン。
学校の授業も、段々と分からなくなって行きました。やる気もさっぱりありませんでした。
中学三年になり、受験シーズンがやってきました。
担任の先生からも「親御さんが心配しているから高校くらいは出ようよ」と言っていましたが、無視。
通知表も、ほぼオール「2」にまで下がりました。(「1」もいくつかありました)
中学校中退でも良いんじゃないか? とまで思っていた頃、母が「通って欲しい塾がある」と相談をしてきました。
母は、温厚な性格で、父とは真逆の性格です。
まあ、母が言うなら、塾くらいなら・・・。と思い、週に二回、一回二時間のペースで通い始めました。
その塾は、「F塾」という名前。「平成の寺子屋」という看板を掲げていて、塾だというのに授業中に「おやつ」が出たりします。
進学塾というよりも、学校の復習の為の塾。といった感じです。先生は一人しか居ないですが、その先生がとても温厚で、「やる気を与えてくれる先生」でした。
例えば、私が問題を解くと、「早えぇ! もう出来たの!? 」とか
「この問題、こんなにすんなり解いたの!? 」とか、とにかく私を誉めまくる。
私、誉められる事に飢えていたのかもしれません。
ふつふつと勉強に対するやる気も復活してきて、とりあえずは高校受験をしてみる事にしました。
受験した中で、一校だけ、電気科の高校に合格しました。
さて、就職か、合格した所に入学するか、の判断を迫られた訳ですがとりあえずは、もう少しだけ勉強してみたいので、進学しました。
考え抜きましたが、F塾の先生のお陰で、勉強に対する「やる気」が復活した事が判断材料です。
少子化で、その塾はもう閉鎖されてしまいましたが、子供の成績は「やる気次第」かと思います。
やる気を与えて下さった、F塾の先生、有り難うございました。

電子書籍のご紹介

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

この「せんせいありがとう」のような電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!