電子書籍出版で自己解放!

今日は電子書籍出版講座(直接指導講座)でした。
今日の方は2回目、文章本編の方の指導です。
原稿を用意してもらっていたので、それを一太郎に流し込んで体裁を整え、電子書籍作成までを行う事ができました。
後は次回までに原稿を修正してきてもらい、再度電子書籍化からAmazonの販売登録までを行います。
とりあえず出来上がった電子書籍を、受講生さんが持ってこられたkindleに入れて見てもらいました。
「うわー!感動しますね!」と言っておられました。
自分が苦労して書いた原稿を、自分の手で体裁を整え、表紙をつくり、電子書籍にしたのですから、感動はひとしおでしょうね。
この時の顔を見ると、私も幸せな気持ちになります。
この仕事は天職だなと思います。

「電子書籍にする原稿を、なるべく自分で用意してね」というと、大抵の方が、
・文字数20000字でもいいのか?
・こんな一般受けしないニッチな内容でいいのか?
・文章がおかしくないか?

など様々な不安を口にされます。
言葉の裏には「世の中に受け入れられなかったらどうしよう?」という想いがあるのではないかと感じます。

売れない=世の中に受け入れられない という考えなら、心配しなくても、ほとんどの本は売れていません。
大手商業出版社から出た本だって売れていないのです。
本が売れないから、書店や出版社、書籍取次がどんどん潰れているのです。

うちの受講生さんにはいませんが、「本を出せば翌日からスターダム」とか「本を出せば夢の印税生活」と考える人は多いです。
でもそういう人は、本が書けません。
「オレは本が書ける!」と口で言うだけです。本を出してしまうと、不特定多数の人にジャッジされるので、それが怖くて書けません。
売れなかった現実を認められない「自称ベストセラー作家」な人も多いです。

うちの受講生さんは、最初から「本は売れないもの」と割り切っています。
その分、自由にのびのびと電子書籍出版していると思います。
自分の考えや想いを詰め込んだ原稿が、電子書籍という形でまとめられ、Amazonを通じて世界配信される。
小さな成功体験が1つ積みあがります。
なかなかの快感です。
電子書籍出版は、自己表現ツールであり、自己解放ツールであると思います。

さぁみなさんも、レッツ自己解放!(byミッチー)


【電子出版社ハッカドロップス サービス一覧】

小説、エッセイ、ビジネス本など文章を中心とした電子書籍の作り方を学べる通信教材

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

写真集、イラスト集など画像を中心とした電子書籍の作り方を学べる通信教材

・電子書籍出版講座 Amazon版 画像本編

文章本と画像本一緒に学べてオトクな通信教材

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

愛知県名古屋市会場限定ですが、通信教材を元に、講師による直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行まで

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版

お気軽にメールでお問合せください。基本24時間以内にご回答いたしますが、内容によってはご回答できない場合もございます。ご了承ください。

mail

Follow me!