家族の本当の気持ちがわかったから、今がある

いま「死にたい」と思い詰めている人へ、かつて「死にたい」と考え、でもやっぱり「死ななくて良かった」と思っている人からのメッセージ
『死にたいと思った時に読んでほしい本』

現在もまだ原稿募集中です。原稿の投稿方法を知りたい方は、個別にメールでお問合せください。
50編集まったら、電子書籍化し、Amazonキンドルストアで販売します。
弊社ではこれまでも「ありがとう」や「言葉」に関するエッセイ本を出版してきました。
通常は本が出版されてから本の中身をこのサイトで公開してきましたが、今回の『死にたいと思った時に読んでほしい本』は、より多くの方に読んでいただきたいと考え、出版前の本文公開とします。
弊社に人を救う力はありませんが、『死にたいと思った時に読んでほしい本』のエッセイの数々が、あなたの心を軽くしてくれる事を願っています。

準備バナー

家族の本当の気持ちがわかったから、今がある

PN:るな

親の離婚で小学2年生の時から母と2歳下の弟の3人で過ごしてきました。
弟は小学・中学と引き篭もりがちになり不登校で、母は夜の仕事に行ってたので自然と二人が接する時間のほうが長く、どちらかというと弟は少し過保護に育てられ、私は放任に近い感じで育ちました。
私が高校3年生の時に、2つ年上の人とお付き合いを始めました。
最初こそは順調で仲良くやっていってたのですが、高校を卒業して専門学校に通う頃には彼のDVと束縛が激しくなりました。
彼に殴られるたびに、最初こそは反抗もし、泣きながらやめてと訴えたり時には仕返す事もあったのですが、やはり力の差と体格の差から最終的には一方的に殴られる事ばかりでした。
ある日、夜中に電話で別れ話の最中に喧嘩をし、そのまま寝ようと思っていたら数十分後に彼が突然家にやってきました。
私がすんでる地方は田舎なのもあって鍵をかけてる家がすくなかったのですが、夜中で家族が寝ているにも関わらず彼は勝手に家の中に入ってきて、寝ている母を叫びながら叩き起こしたのです。
言ってる内容は支離滅裂でしたが、私に対する嫌がらせ、暴言がほとんどでした。
急な出来事なのでとりあえず私の部屋になんとか引っ張っていったのですが、そこでいきなり顔を膝で蹴られたのです。
生まれて一度も出た事がなかった鼻血が初めて出たのを知ったのは後の事でした。
その後も容赦なく一方的に殴られ続けて暴言を吐かれ「もういい、もう疲れた、普通に別れてももらえないならもう死んでしまおう」と思い、机にあったカッターで自分の腕を切りました。腕を切る感触、生暖かい血が流れ出る感触は10年以上経った今でも忘れられません。
私が腕を切った事で彼は急に「俺は悪くない!お前が勝手にやったんだ!」と今度は自己擁護しだしましたが、私の母も見ている手前逃げ出す事も出来ないと悟ったのか慌てて私の出血を止めようと、部屋にある私の服を引き千切って止血しました。
その後の事はあまり覚えてないのですが、母に夜間救急に連れて行ってもらって処置を受けたとの事です。
傷は深く、あと2ミリ深かったら腕が動かなくなっていたよ、と後日病院に行った時に言われました。
彼の家族への対応、病院への送迎等は全て母がやってくれました。
あれだけ放任されてたのにこんな事するなんてきっとめんどくさがってるんだろうな、やっぱり死んどけばよかったんじゃないか、と何度も思いました。
ですが母との会話の中で「あんたが腕を切ってあんだけ血を出して、死んでしまったらどうしようかと思った。
また腕を切ってしまったらどうしようかと思ってる。実の娘がこんな事になって喜ぶ親はいない。」と、涙を流しながら母が話してくれました。
その涙を見るまで、正直親子の仲は最悪でしたし信用してない部分もありましたし、どうせ弟だけが大事なんだろ、という気持ちがずっとありました。
しかし母の口から出た言葉とその涙で、そんな気持ちは間違っていたのだとわかりました。
その後はなんとか彼とも無事に別れる事もでき、私は今子供を産んで母とは近距離別居です。
週末など子供が休みの時に母のところへ子供と一緒に行ったりご飯を食べたりしています。
もしもあのまま私の気持ちは間違っていたのだと気付かなければ、今の母との関係もなかったでしょう。
あの時母の言葉で私の気持ちをかえれたこと、死んでしまおうという気持ちをなくせた事が、私にも子供にも母にもよかったことだったと思います。

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

文章を中心とした電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!