毎日死にたいと思っていました。

いま「死にたい」と思い詰めている人へ、かつて「死にたい」と考え、でもやっぱり「死ななくて良かった」と思っている人からのメッセージ
『死にたいと思った時に読んでほしい本』

現在もまだ原稿募集中です。原稿の投稿方法を知りたい方は、個別にメールでお問合せください。
50編集まったら、電子書籍化し、Amazonキンドルストアで販売します。
弊社ではこれまでも「ありがとう」や「言葉」に関するエッセイ本を出版してきました。
通常は本が出版されてから本の中身をこのサイトで公開してきましたが、今回の『死にたいと思った時に読んでほしい本』は、より多くの方に読んでいただきたいと考え、出版前の本文公開とします。
弊社に人を救う力はありませんが、『死にたいと思った時に読んでほしい本』のエッセイの数々が、あなたの心を軽くしてくれる事を願っています。

準備バナー

毎日死にたいと思っていました。

PN:あくあくぅ

私は学生時代、常に「死にたい、いつか自殺しよう」と思っていました。
特別なきっかけがあるわけではなく、当時は、「生きていることが辛い」という状況でした。
もしこのとき、何らかのきっかけ(例えば誰かに「お前なんか死んでしまえ」と言われた、とか)があれば、迷わず自殺していたと思います。
なぜそのような状況であったか、というと、原因は親子関係、きょうだい関係にありました。
私の母は、子どもである私をコントロールするのが上手く、当時の私は、自覚なく母からコントロールされていたのです。
子どもからみて「可哀想な母」は要注意です。本人にその気はなくても、子どもが母を「可哀想な人。私が守ってあげないと。私が悲しませてはならない」などと思っている場合、子どもはそれだけでコントロールされやすい状況にあると言って良いでしょう。
その何が問題なのか?それは「自覚なくコントロールされている子どもは、生きる気力をなくしてしまう」ことです。
自分でない人の言いなりになって生活しているということは、自分の人生など無いに等しいのです。
自覚があれば、そこから脱け出そうとするでしょうが、自覚がなければ、「この、息をするのも辛い状況が世界の全て。何をしてもどこに行っても、死にたいことばかり」と思い込んでしまうだけです。
更に、私の場合はきょうだい関係も悪かった。
表面的には仲良くしていたのですが、裏では10歳の頃から兄にセクハラを受けていました。
「もしバレたら、きっと家族がバラバラになる」との恐怖感から我慢し続けた結果、兄が成人して離れて暮らすようになってからも、私は、しばしば発作的に激しい怒りが起こって1~2時間動けなくなり、自傷行為を繰り返すようになっていました。
これも、「毎日いつ死んでもOK」な状況に拍車をかけていたと思います。
そうした状況から抜け出たのは、就職して、母の支配下に100%入っている状態から若干脱け出せたこと。
それまでは、母のお守りをする以外のことは実質禁止されており、また私もそれに従っていたため、母にコントロールされ続けていた訳ですが、就職して残業やら飲み会やらがあるとそうもいかない。
おかげで、私はやっと「死ななければ苦しい人生が終わらない」訳でもないのだ、と気付き始めたのです。
その時タイムリーに母が放った一言が「就職する前は貴女は優しい子だったのに」でした。
「優しい子だった?私その頃、毎日死にたいと思ってましたけど?…ああ、この人は、自分の子が苦しんでても、自分にとって都合が良ければそれでいい人なんだね」
と、やっと気付いた私は、それから様々な方法で、とにかく母の支配から脱け出すことを心掛けるようになりました。
おかげで、恋愛も結婚も普通に経験し、現在では2児の母として普通に暮らしています。普通ですが、今が一番幸せです。死ななくて良かったと思います。

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

文章を中心とした電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!