生きがいを失った私が思い出したこと

いま「死にたい」と思い詰めている人へ、かつて「死にたい」と考え、でもやっぱり「死ななくて良かった」と思っている人からのメッセージ
『死にたいと思った時に読んでほしい本』

現在もまだ原稿募集中です。原稿の投稿方法を知りたい方は、個別にメールでお問合せください。
50編集まったら、電子書籍化し、Amazonキンドルストアで販売します。
弊社ではこれまでも「ありがとう」や「言葉」に関するエッセイ本を出版してきました。
通常は本が出版されてから本の中身をこのサイトで公開してきましたが、今回の『死にたいと思った時に読んでほしい本』は、より多くの方に読んでいただきたいと考え、出版前の本文公開とします。
弊社に人を救う力はありませんが、『死にたいと思った時に読んでほしい本』のエッセイの数々が、あなたの心を軽くしてくれる事を願っています。

準備バナー

生きがいを失った私が思い出したこと

PN:さく

数年前のことです。
仕事でのトラブルがありました。原因は私ではありませんが、どういうわけか私が悪いことになり、周囲から白い目で見られることになったのです。
責任を負う形で私は異動することになりました。
本当に好きな仕事でしたし、そもそも原因となったのは別な人物。理不尽さに毎日泣いて暮らす日々が続きました。
食欲は落ち、体重も激減し、何をしても楽しむことが出来ず、憂鬱な気持ちでした。
それでも仕事は休むことなく毎日通っていましたが、新しい部署になじむことも出来ずにいたのです。
「もう死んでしまおうか」
ある日ふと、そう思いました。
残業も多く、朝から晩まで、毎日約14時間以上働いていました。その14時間ずっと重苦しい気持ちだったのです。
当時は仕事が生きがいでした。長い時間働くのだから、そのくらい仕事に情熱を傾けなければ頑張れない状態だったのです。
その仕事に情熱を注げなくなり、私は、空っぽな気持ちでした。
頑張っても状況が良くなる見込みはありませんでした。
それ以上生きていても、何も良いことがないのなら、もう別に生きなくてもいいや、と思ったのです。
そのくらい他のことは頭に入ってこなかったし、何も考えられませんでした。
しかし何もかもを放置して死ぬのは無責任だと思いました。身辺を少し整理してからにしようと考えながら、その日は帰宅しました。家族はまだ帰宅しておらず、真っ暗な家に戻ると、リビングにいた犬が起き上がり、嬉しそうに尻尾を振りながら私に寄り添ってきました。いつものように、その犬を抱き締めて、ぬくもりを感じました。
ふと、その犬と初めて会った日のことを思い出しました。
掌に載るほど小さかった犬を、初めて見た時、この犬が天寿を全うするまでそばにいよう、と思ったことが蘇りました。
「まだ死ねない」と思いました。
そして、もう一つ。父が死んだ時のことを思い出しました。
…私の父は自殺しています。私は自殺遺児です。
だからこそ、ひとに負けないように若いころから頑張ってきたのです。どういうわけか、悲しんでいるときは、そのことすら頭から抜けていました。
父が死ぬ時、とても悔しくて悲しかったんです。最終的に死の理由も漠然としていて、ただ疑問だけが今も残っています。救えなかったことにより親戚にも強く責められました。あんな思いを、また家族にさせるわけにはいきません。
まだ死ねない、と思いました。
そこから数年同じ職場で働きましたが、最終的には退職しました。あの時期のことを思い出すと、今でも悔しくなります。しかし、死ななくて良かったと思っています。
あのあとは仕事以外にも楽しみを探し、今は穏やかに暮らしています。
状況によっては死を選びたくなることもあるとは思います。しかし、私は、生きることを選択しました。間違いじゃなかった、と、心から思っています。

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

文章を中心とした電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!