自殺を考えたとき

いま「死にたい」と思い詰めている人へ、かつて「死にたい」と考え、でもやっぱり「死ななくて良かった」と思っている人からのメッセージ
『死にたいと思った時に読んでほしい本』

現在もまだ原稿募集中です。原稿の投稿方法を知りたい方は、個別にメールでお問合せください。
50編集まったら、電子書籍化し、Amazonキンドルストアで販売します。
弊社ではこれまでも「ありがとう」や「言葉」に関するエッセイ本を出版してきました。
通常は本が出版されてから本の中身をこのサイトで公開してきましたが、今回の『死にたいと思った時に読んでほしい本』は、より多くの方に読んでいただきたいと考え、出版前の本文公開とします。
弊社に人を救う力はありませんが、『死にたいと思った時に読んでほしい本』のエッセイの数々が、あなたの心を軽くしてくれる事を願っています。

準備バナー

自殺を考えたとき

PN:ばなな

私は昔から人と付き合うことが苦手でした。
背が高いため、子供のころは年上の男の子にでかいくせに何もできないのかよとお目を付けられ4人がかりでジャングルジムから突き落とされたりしました。
小学校でもバレーボールがうまかったため、2つ上の先輩に次の部長はばななちゃんだねと言われていて、1つ上の先輩にシューズを隠されたりしました。
中学校で転校しましたが、友達を作ろうと必死な私に、転校生のくせに生意気と言われ、クラス中から無視されました。
テニス部の前衛だったのですが、後衛の子にわざとボールをぶつけられたりしました。
社会人になっても男性社員にちやほやされることがあり、女性の先輩に目を付けられたら嫌なのであまり話さないようにしていたのですが、少しでも話していると楽しそうにしちゃってと聞こえるように悪口を言われたりします。
わざと私に近づいてきてアラさがしをし、それをみんなに(特に男性社員に)面白おかしく話されたりします。
また、休憩室で社員全員が昼食を摂っているときには、女性社員大勢で私のお弁当の中身、持ち物などを細かくチェックされて「それださいよ」とか、「質素な弁当だな」などと直接悪口を言われます。
仕事が大変ということもあり、すごく孤独な気分になって、人間不信で参ってしまいました。
昔からこんな思いばかりしていて、私、みんなと違うんだ、何かがおかしいんだ、原因は私にあるんだと思い詰めてしまいました。
どんな風に生きていったらいいのか、本当の自分は何なのか全く分からなくなりました。
こんなにつらいのなら死んでしまったらどうなんだろうと自然に考えていました。自殺の仕方や、確実に死ねる方法なども検索しました。
ですが、苦しくて途中でやめてしまったり、誰かに見つかって助けられてしまったりして、失敗することもあり得ます。最悪の場合、死なずに一生植物状態といったことも考えられます。
ここで私は怖くなってしまいました。でも、だからといって人生を前向きに生きられるわけでもなく悩みました。どうしたらいいんだと。でも、人間は生きるか死ぬかしか選択肢はないんですよね。怖くて死ねないのなら生きるしかない。
どうせ生きるのならちゃんと生きていたい。自分に自信をもって、自分を誇りに思えるように。そこで一旦周りの人のことは置いておいて自分の正義を考えてみたんです。
人を傷つけないこと、嘘をつかないこと、仕事を一生懸命すること。とてもシンプルにこの3点。自分の悲しみだけを見ているあまり、これがわからなくなっていました。
うまく生きる人や、強い立場の人にならないといけないと焦っていました。なんでこうなれないんだと自分を責めていました。
でも、最もシンプルで最も大切なことは自分が正しいと思ったことを一生懸命やることだと思いました。それからは、悪口を言われても言う方が悪いと割り切りました。
もう二度と人の悪意に屈するものかと思いました。自分は何があっても正しく生きると心に誓いました。
自殺を考える人はすごく追い込まれているんだろうと思います。自分が悪いんだと全部自分で引き受けているんだと思います。でも、他人の気持ちまでコントロールすることはできません。
いじめられないように生きるなんて不可能なんです。自分が強くなるしかない。
死ぬことを真剣に考えられる人は、生きることも真剣に考えられる。死ぬ前に一度真剣に生きるとは何か考えてみましょう。

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

文章を中心とした電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!