知的好奇心で生きるのを楽しむ

いま「死にたい」と思い詰めている人へ、かつて「死にたい」と考え、でもやっぱり「死ななくて良かった」と思っている人からのメッセージ
『死にたいと思った時に読んでほしい本』

現在もまだ原稿募集中です。原稿の投稿方法を知りたい方は、個別にメールでお問合せください。
50編集まったら、電子書籍化し、Amazonキンドルストアで販売します。
弊社ではこれまでも「ありがとう」や「言葉」に関するエッセイ本を出版してきました。
通常は本が出版されてから本の中身をこのサイトで公開してきましたが、今回の『死にたいと思った時に読んでほしい本』は、より多くの方に読んでいただきたいと考え、出版前の本文公開とします。
弊社に人を救う力はありませんが、『死にたいと思った時に読んでほしい本』のエッセイの数々が、あなたの心を軽くしてくれる事を願っています。

準備バナー

知的好奇心で生きるのを楽しむ

PN:神宮寺 澄

私は、中学時代のいじめの影響かはわかりませんが、客観的に見てかなり卑屈です。
中学高校時代は、感情の浮き沈みにもよりますが常に漠然と死にたいと思っていました。
気分が沈んだときは最悪抜毛癖ぐらいはでていましたし、自殺の検討も色々しました。
理由は前述の卑屈さ、そして理数系を目指すにしても世の中に優秀な人が多いため、自分が何かになっても意味がないと思ったからです。
しかし、大学3年生になったいま、あまり死にたいとは思っていません。勉強ができるようになったからとかではなく、考え方を変えたからです。
変えた考え方は2つあります。
ひとつは、優秀な友人や人が多いのは単純に嬉しいということです。というのは、学問領域というのは十分広いのです。
まだ大学3年のひよっこで研究等は関わっていませんが、私がいる化学の領域だけでも専門はどんどん細分化しており、優秀な人がいくらいても足りないというか、すべての領域を一部のすごい人たちがカバーするのは不可能そうなのです。
なので私は、優秀な人々・友人の助けを借りつつ、自分は誰もいない、誰も見向きもしなくても、この領域をとりあえず開拓してみよう、ということができそうだと感じました。
十分学問領域というのは広いので、必要なところは優秀な人に助けてもらい、とりあえず何かやってみる、ということは可能だろうと。たとえ不毛な領域であっても、そこが不毛なことを明かせる、と。
もう一つは、たとえ十分にはできなくても勉強を嫌わないということです。
十分に、というのは優秀になってバリバリと成果をあげたり新たな考えを打ち出していくということです。
そうはなれなくても、よく知らない領域を嫌うということはしないのです。もちろん懸命に勉強し、また勉強すべきところも時折考えて方向転換等はします。
ただ私は、語学、文学、社会学、人類学、数学、物理学、生物学、そしてもちろん専門の化学も大好きです。
やったことない分野はあっても嫌いな勉強はありません、と断言できます。ただし専門の化学、もっというと材料科学は一本の柱としてかならず最良にしよう、としています。
それ以外は必要だったらやるとか、あと野次馬根性で覗くだけです。
この2つの考え方をもつと何が起こるか。それは、あらゆる学問領域をかじって楽しくやれるということです。
私は、すべての人が嫌いというわけではありませんが、基本的にうるさい人々(「ウェーイ」とやっている人)が嫌いです。
ただ、少しでも専門分野を持っている人は好きです。
たとえばデザイナーでも、哲学専攻でも、数学者志望でも。そういう人たちと楽しくやれるし、この世に知的好奇心として楽しいことが尽きることはない、という思いになります。
こうすると、無理に人と馴染まなくても勉強・思索の楽しさで過ごせますし、ある程度色々な人と仲良くなれます。こうすることで、この世で過ごすのが割と楽しくなりました。
ご参考までに。

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

文章を中心とした電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!