電子書籍出版セミナー開催しました!

電子書籍出版セミナーでした。
今日は質問が多かったのでたくさんしゃべりましたが、ライブ感あふれるやりとりの方が楽しいですね。アドレナリン全開になります。
今日は紙の本を何冊も出されている方も受講されていましたが、電子書籍の将来性や利便性をお伝えしていくうちに「ぜひ電子書籍出版したい!」と仰っていただきました。
いまや紙の本は、重版(増刷)かからないと印税払って貰えないそうです。
初版3000部では印税ゼロ円です。
私が知るところより酷い状況です。
ちなみに重版かかる著者は全体の三割もないんですけどね。
電子書籍出版は一冊売れても印税70%もらえますよ。

最近の傾向として、
①何度も出版企画書を書いて出版社に送ったり、出版プロデューサーに100万円、200万円、500万円支払ってようやく商業出版社の編集者につなげてもらい、商業出版にこぎつける人
②自分で電子書籍を作って(コストほぼ0円)アマゾンに並べていたら、それを呼んだ商業出版社の編集者からオファーが来て商業出版の夢を叶える人
の2パターンをよく聞くようになりました。

さて、どちらの方が楽で低コストで出版の夢を叶えているのでしょうか?

永尾さん主催のセミナーは来月も開催する事になりました。
講師としても手応えを感じたので、なるべく続けていきたいと思います。

主催の永尾さんが動画を撮影してくださいました。

https://www.facebook.com/hatsuyo.nakane

あなたの作品もkindle出版しませんか?

文章を中心とした電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!